肌の状態が良ければ加齢臭の原因、ノネナールもできにくくなる

肌の状態が良ければ加齢臭の原因、ノネナールもできにくくなる

加齢臭が気になっていませんか。どうしても年を取ると体内にノネナールという加齢臭の原因物質ができてしまいます。だいたい40歳ごろから発生すると言われています。ノネナールは脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことでできます。なぜ、40歳ごろからノネナールが発生するのかというと、このくらいの年代から酸化を抑制する力が衰えてくるからです。若い人には、酸化を抑制する力があるために、あまり臭いがしないというわけです。

 

汗臭い加齢臭は、普通のボディソープを使っただけではなかなか臭いが落ちません。加齢臭ボディソープを使えば、その嫌な臭いを撃退することができます。汗を落としただけではどうして汗臭さが落ちないのかというと、汗そのものは無臭です。しかし、雑菌が繁殖することで嫌な臭いが発生してしまうのです。だから、殺菌成分が入っていないと嫌な臭いが消えません。

 

ノネナール対策も必要です。ノネナールの原材料を除去する成分が入っていることも重要です。各メーカーがノネナール対策をいろいろと研究しています。ノネナールは、皮膚が乾燥しているとたくさん作られてしまうので、保湿成分が入っているほうが良いでしょう。保湿効果があるかどうかも選ぶときのポイントに入れたほうが良いです。肌の状態が良ければ、ノネナールもできにくくなるでしょう。できてしまったノネナールを除去することも重要ですが、作らないことも同じくらいに重視しましょう。

 

消臭効果が高いかどうかもポイントです。加齢臭ボディソープであれば、タンニンやカテキンなどの消臭効果が高い成分が入っているでしょう。これら以外にも消臭効果が高い成分はあります。特に、これらにはノネナールを無臭物質に変える効果があります。

 

毎日、お風呂でごしごしと体を洗っていませんか。加齢臭ボディソープをしっかりと泡立てて泡の力で臭いの原因物質を洗い流しましょう。あまり肌をごしごしとこすらないほうが肌のためです。肌が炎症をおこしたり、乾燥しやすくなってしまいます。肌が乾燥すれば、そこからノネナールが増えてしまいますから、臭いをなくすどころか、かえって臭くなってしまいます。泡の力だけでも十分ノネナールを除去したり、肌を保湿できますから、しっかりと泡立てることに力を入れたほうが良いでしょう。

 

汗臭い原因である雑菌も洗い流すことができるので、これで嫌な汗臭さともさよならすることができます。ずっと同じ臭いがし続けていた人は、雑菌がいつまでも肌表面に残っていたのかもしれません。普通のボディソープでは落としきれないので仕方がないでしょう。しかし、加齢臭ボディソープを使えば頑固な雑菌もなくなります。せっかくですから、お風呂上りに肌を保湿しましょう。ボディーローションで肌を保湿して、ノネナールができにくい環境を作ったほうが良いです。せっかく、加齢臭がしなくなっても、またぶり返す恐れがありますが、保湿すればその可能性もかなり低くなります。