わきがの臭いが強くなる食事、避けるべき食べ物とは?

わきがの臭いが強くなる食事、避けるべき食べ物とは?

わきが臭とは食生活とも関連があります。

 

 

わきがで悩んでいる方は、自分の食生活を見直すことでわきがの臭いを抑えることができるかもしれません。

 

 

わきが臭を強くしてしまう食事や食べ物とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

わきがと食生活の関係

 

食は人なりと言われるように、食生活は私たちの健康に大いに寄与します。

 

また最近では、食生活は健康だけでなく体臭にも影響を与えることが分かってきているので、わきが体質の方は自分の食生活を見直してわきが臭を改善したいと思われることでしょう。なぜ食生活とわきが臭が関係があるのかというと、わきがはわきの下にあるアポクリン汗線から分泌される汗が原因で引き起こされますが、ある種類の食事や食べ物はこのアポクリン汗腺の働きを活発にしてしまうのです。そのため、わきがを改善したいのならアポクリン汗腺の働きを抑える食べ物を摂り入れる必要があります。

 

普段から栄養バランスのとれた食事をしていくよう心がけるなら、気になるわきが臭や体臭が抑えられていくのを感じることでしょう。

 

 

わきが臭を強くしてしまう食事や食べ物

 

 

わきが臭の原因となるアポクリン線を活発にする食品として知られているのは、肉や乳製品などの動物性タンパク質です。

 

動物性タンパク質はアポクリン線を含む身体の汗腺や皮脂腺の働きを活発にするため、多量に摂取するならわきが臭が強くなってしまうでしょう。

 

わきが臭は、アポクリン線からの汗と皮脂腺からの皮脂が混ざり合うことで嫌な臭いが発せられます。肉や乳製品をよく食べる人は、アポクリン線や皮脂腺から皮脂が多く分泌されるため、わきが臭が強くなってしまうのです。しかし、動物性タンパク質にも身体が必要とする栄養素が含まれているので、バランス良く取り入れることが大切です。

 

また、香辛料は皮脂に臭いを溜めやすくするため、わきがを改善したいのであれば香辛料の取り過ぎには注意しましょう。

 

 

わきがを悪化させる食生活や生活習慣

 

 

現代人は忙しい生活を送っているため、栄養バランスのとれた食事を毎日することは難しいかもしれません。コンビニ弁当やスーパーの御惣菜などを利用する方も多いでしょう。しかし、そうした食品の中でも特に揚げ物は、アポクリン腺を刺激し皮脂を増やしてしまうので避けた方がよいでしょう。

 

また、運動不足も新陳代謝を低下させ、身体の中に老廃物が溜まりやすくなるので注意が必要です。老廃物が溜まると体臭が強くなりますし、多くの女性の悩みの種である便秘が引き起こされてしまいます。便秘になるなら、アンモニアや有害物質が汗腺から排出されることになるのでわきが臭が悪化します。体を定期的に動かしデトックス効果を高めていくなら、便秘も解消されわきが臭の元をある程度抑えることができるでしょう。

 

わきが改善のための食習慣

 

わきが改善のために、野菜を中心とした食事を取りましょう。

 

 

緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAや、モロヘイヤやパセリなどの葉物に多く含まれるビタミンEには抗酸化作用があり、体臭の元となる活性酸素を抑える働きがあります。また、腸内環境を改善してくれる食物繊維を摂り入れるなら、便秘改善の効果があり体臭も抑えられるでしょう。

 

外食やファーストフードには塩分が多く含まれていますが、塩分を摂り過ぎるなら、血流を悪くし老廃物が溜まりやすい体質になりわきが臭が悪化してしまいます。また、ケーキや菓子パンには糖分が多く含まれていますが、糖分の摂り過ぎも血流を悪くするため、濃い味付けの食事や甘い物の食べ過ぎを避けて、新陳代謝を高めわきが対策をしていきましょう。

 

 

現代私たちの周りでは、わきがを悪化させてしまう食事やファーストフードが溢れています。普段の食生活や生活習慣を見直し、動物性タンパク質や塩分、糖分の摂り過ぎを避け、運動によって便秘を解消することでわきがの臭いを改善していきましょう。